FAQ
Q :
発番までどれくらいの時間がかかりますか?
A :
平日午前中に到着した申請用紙は、記入漏れ、捺印漏れ等の不備が無いものに関しては、順次、当日午後に発番作業を行っておりますが、事務局の状況によっては、発番まで2~3営業日かかることもあります。
申請用紙を宅配便やバイク便でお送り頂いた場合でも、午後の到着分は、翌営業日以降の事務処理になります。作業は到着順に実施しており、緊急の発番依頼は、お引き受け出来ません。
特に災害や交通機関事故などで、事務局業務が停止した場合は発番作業そのものが数日停止する可能性もありますので、必ずスケジュールには余裕を持って申請して下さい。
Q :
発番に費用はかかりますか?
A :
かかりません。無料です(送料は負担願います)。
Q :
本社以外に支店がいくつかありますが、支店ごとの申請・発番はできますか?
A :
広告事業者コードは1法人1コードを発番ルールに定めています。従って支店、支社などの単位での取得はできません。
支店、支社などの識別は、広告事業者が管理される素材コード(下6桁)にて区別して下さい。
Q :
急いでいるのでFAXで申請書を送らせてください。
A :
できません。発番には広告事業者(広告主)ご担当者の直筆署名・捺印のある原本が必要です。
Q :
急いでいるので申請用紙を持ち込みたいのですが?
A :
お受けできません。申請用紙のお持ち込みは一切お断りしています。
Q :
広告事業者申請者名の捺印は社判でないとだめですか?
A :
広告事業者ご担当者の認印でも結構です。
Q :
以前に付番した10桁CMコードを忘れてしまいした。教えて下さい。
A :
広告事業者コード(上4桁)部分につきましては、当センターHPから検索頂けます。
素材コード(下6桁)は広告事業者ご自身が管理するもので、当センターでは管理しておりませんので分かりかねます。
Q :
社名、住所が変わったのですが、改めてコードを取る必要がありますか?
A :
広告事業者コード登録内容が変更になった場合は、広告事業者コード申請頁から変更届を作成してお送り下さい。
尚、広告事業者コードは従来のコードをご使用出来ます。
Q :
法人格を持たない個人商店の広告事業者コードの取得は可能ですか?
A :
可能です。広告事業者コード申請入力画面の団体種別欄にてご指定ください。
Q :
イベント・映画製作などの単発事業の広告事業者コードの取得は可能ですか?
A :
可能です。事業主体となる委員会・事務局名で申請してください。合わせてチラシ・パンフレット・HPアドレスなどを送っていただくと事務局側も判断しやすくなります。但し、すでにコードを取得している放送会社・広告会社が、映画の製作主体・イベントの事業主体として素材広告主になる場合は、新たなコード申請は行わず素材コード(6桁)の範囲内で管理していただきます。
Q :
団体種別にある官公庁・団体の団体には何が含まれますか?
A :
団体には、地方公共団体、政党、農協・漁協等の各種協同組合などが含まれます。
イベント事業などの実行委員会・事務局などは一般に分類しています。ご不明なケースは事務局へご確認ください。
Q :
会社が合併しました。コードは変わりますか?
A :
合併の場合は、既存コードの継続使用または、新規発番の選択が可能です。それぞれがコードを持っている場合は、どちらか1つのコードを活かし、他を削除して使用するか、両コードを削除し、改めて新規のコードを申請するかの選択が可能です。ホールディングス・グループ化等の場合は、持株会社、グループ会社それぞれの会社にて取得可能です。
※コードを継続使用する場合でも、社名・会社所在地に変更が発生するケースは広告事業者コード登録内容変更届が必要になります。
Q :
会社が2分割しました。コードはどのように引き継ぐのですか?
A :
分割後の会社が、いずれも分割前と名称が異なる場合は、どちらかにコードを引き継ぐことができます。また、分割後のどちらかの会社が、分割前の会社と同じ名称を引き継ぐ場合は、今までのコードも引き継いでいただきます。新設会社側は新たなコードを取得してください。
Q :
なぜ直筆署名・捺印が必要なのですか?
A :
申請書の信頼性を担保するために必要です。また、広告会社や放送局が代理申請する場合は委任状となりますので、必ず広告事業者(広告主)の社員の方の直筆署名・捺印をもらってください。